スポンサードリンク
チューニング&解説

ターボラグ改善!ミスファイリングシステム!(アンチラグシステム)


おはこんばちわ!

ターボ車乗りの宿命それはターボラグ!

これを解消する方が多々在るのてすが、今回はアンチラグシステム(ミスファイリング)についてご紹介していたいと思います。

イニシャルdを見たり、ラリーを見たことがある人なら多分もう既にご存知かと思う。

コーナー直前にパパンパパンパンパンと炸裂音共にマフラーから火を吹いたり、炸裂音がしたりしますよね?

 

 

今回は、このミスファイアリングシステムについて語って行きたいと思います。

そもそもミスファイアリングシステムとは?

強烈な爆発音とマフラーから火を噴くのが印象的なミスファイアリングシステム。
このミスファイアリングシステムとは何なのか?

これは、ターボチャージャー(過給エンジン)において、アクセルオフ時に発生するターボラグを解消するシステムです。
スロットルをオフにした時に、わざとエンジンを点火を失火(ミスファイア)状態にすることからミスファイアリングシステムの名前が来ています。

ターボチャージャー(過給器エンジン)は、エンジンから廃棄される排気ガスのエネルギーにより、排気タービンを回転させ、その回転力によりコンプレッサーを駆動し、車に通常のエンジンパワー以上のもの与えてくれます。

しかし、排気ガスが一定量なければ、ターボは作動しません。なので、コーナー進入時等の、スロットルを弱める時などは、排気ガス量も落ちるため、ターボの回転スピードスピードが落ちるのでパワーとトルクを大いに落としてしまいます。

アクセルを踏み直す際にターボラグが発生してしまうため、(ターボのタービンに排ガスが一定量充填されるまでの時間)

ラリーカーや、ダートレースは常に中低速でのアクセルスロットルの調整が勝負のカギになるシチュエーションでの、

アクセルオフ時は、ターボチャージャーは全く作動せず、重い過給器を積んでるだけの状態です。

その対策として、タービン直前のエキゾーストマニホールド内で未燃焼ガスを燃焼させ、排気ガスのエネルギー不足を補いタービン回転の低下を防ぐのがこのシステムがミスファイアリングシステムです。

具体的な例ですが、アクセルオフ時に1気筒分の点火時期を上死点後(圧縮し終わったピストンが一番上まで上がって下がる状態)まで遅角して排気時に点火し、続く気筒は点火カットして混合気をエキゾーストマニホールド内で燃焼させます。

ターボチャージャーのサイズが大きい場合には、エキゾーストマニホールドに二次空気を積極的に導入し、効果を高める事があります。

 

使用用途として
主にモータースポーツ車両へ用いられる。
中低速での加速力や運動性を重要視する、WRC等のラリーや、ダートトライアルまたジムカーナ車両
比較的に車重が重いル・マン24時間レースやSUPER GTなどのGT車両。ただし、減速時にフューエルカットしないため燃費の悪化が著しく、予選時のみ使用し決勝では作動させない事もあるそうです。

 

銃声音と火を噴くのは正しい状態ではない!

ミスファイアリングシステムの原理や仕組みはわかりましたね?

ここで勘違いしてはいけないのが、ミスファイアリングシステム独特の銃声音と火を噴く現象についてです。

実はこの現象が起きている時はシステムの制御が不十分であったり、燃料の燃焼がシステム内でしきっていない時に起きる現象なのです。

システムが正常に作動している時は、太鼓を叩いた音(ボンボンボン、ポコポコポコという音)がします。逆に銃声音であると燃焼が不十分で作動しているため、アフターファイヤと銃声音になるのです。

 

スポンサードリンク

ミスファイアリングシステムのメリット・デメリットと豆知識!

メリット・デメリットは?

では、ミスファイアリングシステムのメリット・デメリットとはなんでしょうか?

先ず、メリットは上のシステムの説明でも書きましたが、ターボラグを少なくすることが出来ます。
ですので、中低速コースでのレースや、初速を大事にするドラッグレースなどに使用されています。

アクセルのオンオフが激しいとターボ過給が不安定になります。常にターボを正常に作動させるには、オフ状態で排気が少ない状態でも、二次燃焼をこのシステムでさせる必要があるというわけです。

ではデメリットは?

先ずは、ターボ車が付いていない車や、低中速でエンジンスロットルを常に回し続けない状態での走行では全く効果が発揮されません。
次に、燃焼しきっていない状態で火を噴く現象ですが、派手で、これぞミスファイアリングシステムと思いがちですが、あれが起きてるときは車にダメージが発生しています。
火が発生し、タービンやエンジン、触媒を著しくダメージを与えています。
また、マフラー音が激しいかったり火を噴く現象もあり、周りに対しても被害を加える可能性があります。

 

豆知識編

ランサーエボリューション=ミスファイアリングシステムと思いがちですが、三菱はこのシステムを「二次エア供給システム」と名称していて

ミスファイアリングシステムは実はスバルが付けたものです。

つまりインプレッサのアンチラグシステムの名称が何故か某走り屋漫画でミスファイアリングシステム=ランエボという構図になったわけだ!
ちなみにミスファイアリングシステムは世界共通のものでなく、世界でこのシステムが通づるのは「アンチラグシステム」のようです。
余談ですが

WRCで戦うために三菱のランエボとスバルのインプレッサにはこのシステムが市販車にも装着されています。レギュレーションで市販車についてないシステムは禁止というルールがあるためです。

ただ、市販車はコンピューター制御によってこの機能は眠ったまま、ユーザーに提供されています。つまりだ!フルコンやECU書き換えでアンチラグシステムができちゃうわけです。

最近はラリーというイメージが薄くなった2社ですが早く復帰してもらいたいですね、トヨタがモータースポーツに力を入れ始めている今だからこそ!

 

まとめ

個人的に非常に興味があったシステムですが調べて無たら案外デメリットもありましたが、是非ターボ車になったらやってみたいシステムですね!

ですが、一般の市街地では意味がない事、燃費が悪くなってしまうことから、ECUの作動条件を決めてのセッティングは難しくなりそうです。

チャレンジしてみる価値もありそうなシステムなので誰かやってみてくれませんか・・・?(エッ他人任せ!?)

本日も最後まで呼んで頂きありがとうございます!

スポンサードリンク

☆オススメ人気記事☆

コメントを残す

*