スポンサードリンク
ニュース

koda57 ENJI 日本公開!1957年を再現する!


おはこんばわんわ! いきなり寒くなり、夕飯のおでんを楽しみにしてる管理人の朱月です。

さて今回のニュースはこちら

 

『Koda57 ENJI』を日本でも公開

スポンサードリンク

kode57-enji-

KEN OKUYAMAは8月にアメリカカリフォルニアで開催された、The Quail, Motorsports Gatheringにおいて初公開しました、『Koda57 ENJI』を日本でも公開しました。

12気筒フロントエンジンのフェラーリをベースに制作されたこのKoda57 ENJI。

mayweather-2

この“57”という数字は1957年を指していて、代表の奥山清行氏は、「スポーツカーとレースカーが完全に一体だった素晴らしくロマンチックな時代の最後の年だ」とコメントしていました。その後は、1960年代を経て1970年代に入るとレースカーが公道も走る時代ではなくなりレースカーは完全にサーキットへ移行していきます。

奥山氏は特に1957年型のフェラーリ『250テスタロッサ』に思い入れが強くあり、「これは、ポンツーンフェンダーのあるモデルで、フロントのホイールアーチから後に向かって1本のラインが流れており、また、フロントのノーズとポンツーンフェンダーの間にエアが入ってブレーキを冷やして横に抜けて、リフトも生じさせないという素晴らしいデザインだった」と述べました。
それが今回のKode57 ENJIのデザインモチーフになったというわけですね!

okuyama-kode57-enji-

今回のKoda57 ENJIの生産台数5台ですが、なんと!?もうほぼ完売しているそうです。

そして今後について奥山氏は、「次回作はランボルギーニをベースにして制作する。その次はイギリスメーカーのクルマを予定。5年間で毎年1台ずつこういったクルマを作っていきたい」と語ったとのことです。

 

日本がカスタムして作るプレミアムスポーツカーとして今後の活躍に期待です!

 

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます!

 

スポンサードリンク

☆オススメ人気記事☆

コメントを残す

*