自作 デルタ・ウインドリフレクター Ver.Rを作ってみました。

スポンサードリンク

Pocket

おはこんばんちゃー

ふとツイッターで話題に上がって来ましたのでデルタウィンドウの生い立ちを書き記すことにした。

製作考案者

MR-Sデルタウィンドウの考案者はみんカラのゼルダさんです。

製作経緯

MR-Sには3角窓がありません!
高速を80~100kくらいで走っても ヤバいぐらいにドアミラーから風の巻き込み

お蔭で
肩が冷えて肩こる! 髪の毛がボサボサに!なっちゃううΣ(っω・`)

原因は問題はミラー面からのデザインを真上から見た状態にすると、ミラーの側面内側の角度が車内側へ向いていることが原因です。


コイツは多分、窓を開けた時に車内へ風を送り込むのが目的でこうなってると思います。
そのため
本来MR-Sの様なドアミラーの設置の場合、三角窓を設置しないと風を巻込み
顔にブアーーーっと来るわけです。

ってことで

ゼルダ先生が考案した
自作 デルタ・ウインドリフレクターをアレンジ製作してみた!

軽 量 化 重 視 で ! !

ってことで サクサクっと製作!

アクリガラスはホームセンターで切ってもらうのがいいですヨ。

スポンサードリンク

私は予算の関係で
弓ノコで人力切断 と カッターで切れ込み入れて折る方法を併用して整形しました!

ステーも殆ど自作!

最初はジグソー使って見たら ダメじゃん 断面溶けて切れないwwww( ̄◇ ̄;)

アルミ加工は 一家に 1台!!卓上ボール盤♪

コイツで軽量のため肉抜き加工!

加工前 27g

加工後 22g

左右合計 10g軽量化成功!

先ほど 窓全開にして走ってみたら こりゃ良い!
驚く程 風の巻き込みが軽減されました!

オリジナル品は3mmで大型の物シッカリした作りですが、
朱月式のレーシングバージョンは
2mm厚で作製 必要最低限の面積と使用可能強度ギリギリまでアルミステーを肉抜きし作製したため、
異様に軽いですwwww
効果はオリジナルより-10%減程度で ほどよく風が入る感じ
ハードトップユーザーや 幌開けないよ!って方にはオススメ。

現在は垂直方向の補助ステーも外してさらに軽量化されてより見やすくなっています。

またこのデルタウィンドウにミラーフィルムを貼り付けて後方からの眩しいヘッドライトビームも防ぐ事ができるでしょう!

逆に窓全開 幌全開で空けて走るぜ!!っていう方には面積の大きいオリジナルのゼルダ式をオススメします。

さあ これでやっと窓全開で高速も快適!
これからの時期は眠気防止で窓全開なので大変助かります。

本日も長文にお付き合い頂きありがとうございます!

スポンサードリンク