スポンサードリンク
チューニング&解説

マフラーについて。


こはこんばんわ!今回の記事はマフリャーです!

NAに70パイマフラーってどうなの?

確か 製作して頂いた60パイのシングルストレートマフラーで300馬力ぐらいまで対応できます。
ぶっちゃけ1ZZなら十分だが
同じ排気量のVテックエンジン K20Aは70パイマフラーが
チューンの主流なら
トヨタ版Vテックと言われてる2ZZも70パイなのか?
配管距離 ロングやから意外とセリカならツボりそう。

スポンサードリンク

逆にMR-Sは配管距離がショートなので排圧稼ぐのに60パイなのかも・・・

そういえば。
MR-S用のマフラーで
50パイで販売してるメーカーがロッソさんっち
こりゃ 街乗り重視ですね

MR-Sは純正メインパイプ径が60パイ
なので出口もソレに揃えてあげると渋くいい感じに純正風で仕上がり渋く良いですね。

ちなにみに、
HKS、アペック、アミューズ、柿本さんちはメイン60パイの出口が60→100が定番
見た目の迫力が必要ですから・・・かな?

テクノさんちは メイン60パイ→出口60パイ×2の○○マフラー

ちなみにMRーSのマフラー交換とセットでオススメしたいのは特に前期ですが・・・
社外へのエキマニ交換かエキマニの触媒除去

走る方なら エキマニの触媒崩れて破片を吸い込み その破片が負圧によってエンジンに入りエンジンブローの原因にもなります。

後期からは対策品番になってるんだわね。

あとMR-Sはマフラー交換してエアクリが純正だとアフターファイヤー連発が発生するのは

空気が少ない状態で燃焼して未燃料するためです。。

マフラー変えたら 社外のエアクリに交換しますと、アフターファイヤーが抑えられる

 

流体力学的には8度とか言われてるそうですが、曲がりや流速で調整する必要があるから、やっぱり理論だけじゃなく、実走してナンボかと。
CADだけでなく、経験も加えてバッチリ詰めるプロの方はさすがです。
そのノウハウに、喜んでお金払いたくなりますね。

最後まで読んでいただきありがとうございます!

スポンサードリンク

☆オススメ人気記事☆

コメントを残す

*